読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

中学2年生のときに作ったスクリーンセーバー

f:id:ibenza:20160210210411p:plain

GUIプログラミングを始めた人が作りたいもの、 そして中学2年生が見てワクワクするもの、 それは共通して映画「マトリックス」の緑の文字が画面上に覆い尽くされるアレです。 自分が中学2年生のとき、C++とWin32APIを使ってGUIアプリケーションにハマっていて、 同時にマトリックスも大好きだったので、スクリーンセーバーを作りました。

github.com

ファイルのタイムスタンプを見ると、2006年8月30日でした。 いまから10年前ですが、お蔵入りにするのがもったいなかったので公開しました。 当時書いたコード、10年後の2016年になっても、コンパイルできてバイナリもそのまま実行できます。

背景

マシンは父親から譲り受けたFMVに、コンパイラはVisual C++ 5.0を使って、Win32APIの勉強に勤しんでいました。 そしてWin32APIの勉強は猫でもわかるWindowsプログラミングで進めてました。 その本にはスクリーンセーバーの雛形のサンプルも会ったので、それを元にマトリックスの文字を流しました。

ビルド

現在は残念ながらVisual C++のビルド環境が無いですが、Appveyor上でビルしてます。 便利な時代です。 当時はまだクラウドという概念どころか、Web上のCIという贅沢なサービスもありませんでし、GitHubもまだ存在してませんでした。

終わりに

当時自分が13-14歳くらいのときに書いた、C言語のような粗悪なC++コード、今見返すとひどいものです。 猫でもわかるWindowsプログラミングのサンプルはどれもCだったので、その影響もあったのではと思います。 そのうちまた修正したいな。