読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

タッチバッドのスクロール機能を残したままマウス移動を無効化


photo by kBoey pictures

ThinkPadは、タッチパッドとポインティングスティック(赤乳首)の両方が搭載されてます。 同じ機能がある部品が2つあるのは冗長で、キー入力中の誤感知などの問題もありますが、 無効化するには75mmx35mmの物理領域を占めるのでもったいないです。 そこでタッチパッドをスクロール専用デバイスにします。

参考

パッチを当てる

まずsynapticsにパッチを当てるためにソースコードを取ってきます。 ディストリが配布しているSRPMなどから取ってくるのがよいです。 そして次の箇所を修正します。

gist.github.com

あとはビルドしてインストールするだけ。 man synapticsして、Option "TouchpadOff" "integer"の項に 3 Only pointer motion is switched off が追加されていたらOKです。

設定する

/etc/X11/xorg.conf.d/**-synaptics.conf 辺りにあるsynapticsの設定で次を追加。

Option "TouchpadOff"  "3"

そして好きなスクロールを設定。

# エッジスクロール
Option "VertEdgeScroll" "on"
# 二本指スクロール
Option "VertTwoFingerScroll" "on"
# くるくるスクロール
Option "CircularScrolling" "off"

Xを再起動して、設定が反映されていることを確認すれば完了です。