Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

JBL PebblesをLinuxで

f:id:ibenza:20141224143747j:plain

USBを伝わってデジタル信号でスピーカーに伝搬するので、音にメリハリが出ました。しかしボリュームコントロールがLinuxで動作しなかったので、星4つです★★★★☆

2015-01-11 追記 : Linuxでもフツーに動きました。

結果からいうと、USBでもスピーカーが普通に使えましたが、音量調節機能が使えませんでした。

ALSAの設定

特に特殊なことをせずに、USBにブスリとするだけで認識した。 ALSAの設定で、デフォルトのカードを指定する。 番号で指定しても、再起動ごとに番号が変わるので、デバイス名で指定。

# /usr/share/alsa/alsa.conf

defaults.ctl.card Pebbles
defaults.pcm.card Pebbles

デバイス名で指定している例が無かったので、正しいのかわからないけど、とりあえず音出てるので大丈夫っぽい。

音量調整

本体のボリュームコントロールをくるくる回すと、WindowsOS Xのの音量を調節できるらしい。
ただしLinuxでは、どう頑張っても使えなかった。 ラップトップやキーボードからの音量調整は、キーコード XF86Audio****** のKeyPressが送られる仕組みだが、 この製品に限っては異なるようだ。 xevでキャプチャしてもそれっぽい信号が来ない。 ただしFocusOutやFocusInやKeymapNotifyなどのイベントが発生しているようなので現在調査中。

どうやってWindowsOS Xで音量調節しているかは謎。

2015-01-11 追記

Linuxでもフツーに動きました。ボリュームコントロールすると、XF86AudioRaiseVolumeとXF86AudioLowerVolumeキーのイベントが飛んでくるので、それに音量調整のコマンドを指定すればOKです。