読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

openSUSEのQt5事情

openSUSE 13.1から、メインリポジトリにもQt 5が追加されました。 これでzypperから快適にQt5を導入することができます。 インストールするライブラリ名は、先頭にlibqt5が付いているパッケージ、あるいはlibQt***5というパッケージです。

openSUSEリポジトリを覗いていると、Qt4とQt5が混在しています。 実はopenSUSEのシステム内には、Qt4とQt5が共存できるようになっています。 まだ多くのパッケージがQt4に依存しているため、Qt4がデフォルトのバージョンになっているようです。 そのためqmakeなどの開発者ツールも、Qt4向けとなっています。 Qt5の開発者ツールは、競合しないようにqmake-qt5のようにサフィックスが付けられています。 もちろんQt CreatorのKitsの設定からqmake-qt5を選ぶことで、Qt5でビルドすることができます。

近い将来、QtのデフォルのバージョンもQt5になるでしょう。