読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

Kensington SlimBladeを買ってしまった

Kensington SlimBlade Trackball
Photo by Outsider.ne.kr

前々から欲しかったKensinton SlimBladeをついに買ってしまった. 数年前にPC系の雑誌で見て,それ以来からずっと欲しかった. SlimBladeは,ボールを転がすとカーソル移動,そして水平方向に回すとホイールとして動作する.

使い心地

Webを調べると高評価なレビューが多くあるように,実に使い勝手が良い. 初めてのトラックボールにふさわしい一品である. VimperatorやAwesomeによってキーボード中心の生活であるが,マウスはやはり欠かせない. 自分は,片手にマウスを握ってダラダラ記事を眺めることが多いので,SlimBladeは手にフィットしてダラダラが捗る.

ドライバとLinux

Linuxユーザが一番気になるのはドライバ周りであろうが,SlimBladeは普通のマウスとして認識され,特にドライバは必要ない. 表面にはボタンが4つあるが,それぞれボタン1, 2, 3, 8となっている. もちろんスクロールにも対応しており,特別変な使用にもなっていない. ビューモードやメディアモードというのがあるらしいが,Linuxに対応ソフトウェアがそもそも無いので,実際に使ったことはない.

どうせお高いんでしょう?

10kオーバーで少し値段はするが,それだけの価値はあるように思う. 安物買いの後悔はあるが,いいものを買うことには後悔しないだろう.

もう少し使ってみて,まともなレビューもしたいと思います.