Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

Fcitxがいい感じ

f:id:ibenza:20130324144020p:plain
openSUSE 12.3を導入するとき,インプットメソッドサーバをどれにするか悩んだ.
ibusを入れようにも,依存パッケージが金魚のフンのようにひっついてきたので躊躇する.
openSUSEのパッケージでmozcに対応しているのは,iBusとFcitxのみだった.

FcitxはFree Chinese Input Toy of Xの略で,中国語の入力サーバだそうだ.
中国語というのに少し戸惑ったが,インストールしてみた.

導入した感想としては,iBusより気に入っている.
iBusはユーモアの欠片も感じられない,ただのインプットメソッドサーバであった.
一方Fcitxでは,ユーザビリティが感じられる.
まずインプットメソッドを起動すると,小洒落た感じにポップアップしてくれる.
また入力速度も表示できるという,アミューズメント性もあふれる.
そしてSkinやらAddonやらを追加で導入できるので,ナウくていい感じ.