読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

日本語シェル入門

なでしこのような日本語プログラミング言語があるのなら,日本語シェルがあってもいいはずである.
そんな日本語シェルのための入門編です.

プロンプト

まずシェルのプロンプトの設定です.
デフォルトのままだとダサいので,ここは無線の応答みたいにしてみます.

export PS1="どうぞ> "

lsコマンド

ディレクトリのファイルの一覧を取得するlsコマンド.
listが語源だと言われているので,次のようにするのが良いでしょう.

alias 列挙="ls"

cdコマンド

続いてよく使うcdコマンド,change directoryの略と言われています.
そのまま直訳すると長くなりそうですが,ここはUNIX哲学に基づき,シンプルなコマンドにしましょう.
「カレントディレクトリ」は「ワーキングディレクトリ」とも呼ばれているので,次のようにしてみました.

alias 職場="cd"

その他のコマンド

こんな調子で色々なコマンドのエイリアスを設定していきます.

alias 複写="cp"
alias="touch"





これでキミも快適な日本語シェルライフを送ることができるはずです.

どうぞ> 職場 会議室/
どうぞ> 触 ドキュメント
どうぞ> 複写 ドキュメント ドキュメントのコピー