Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

ユーザを買い戻したMicrosoft

先日Microsoft Messengerに久しくログインしてみると、ログインしている他のユーザが一人もいなかった。もはやMicrosoft Messengerは過去のものとなってしまったのだ。今やインスタントメッセージと言えば、Skypeが主流だ。Skypeはインスタントメッセージを送受信するだけでなく、音声通話やファイル送信まで対応している。機能面だけでなく、対応プラットフォームの多さや宣伝力などから、Microsoft MessengerユーザはほとんどSkypeに流れてしまった。

しかし先日、MicrosoftがSkypeを買収した。これによりMicrosoftはSkypeの技術はもちろん、Skypeのユーザも手に入れることができたのだ。もちろんSkypeユーザの中には、元Micorosoft Messengerユーザもいただろう。Skypeが技術を武器に手に入れたユーザを、Microsoftは金銭を武器に買い戻したのであった。