読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Folioscope

プログラミング/Unix系/デザイン/CG などのメモがもりもり

魅せるPower Point - ピンポイント強調編

複雑な図を説明するときに, 「ここ!」という風にピンポイントで説明したいときがあります.
枠で囲むことで説明はできますが, 枠が図の中に埋もれたりあるいは変化がわからないということがあります.
そこで目立つような図の強調表示の方法をいくつか紹介します.

丸で囲む

まず図形ツールから円を選択して, 説明する図を囲みます.
次に図形の塗りつぶしを「塗りつぶしなし」に, 線は目立つように適当に変更します.
そして線のスタイルを点線にします.

次に開始アニメーションの効果から, 「サークル」を設定します.
これで説明中に丸がくるくるくると登場します.
続いて説明中にも目立つように, 強調アニメーションの「スピン」を追加します.
これで完成です.
f:id:ibenza:20120624230132g:plain

矢印を使う

続いて矢印で図を指し示したいと思います.
あらかじめ用意されている矢印の図形はあまり美しくないので, テキスト入力時に自動生成される矢印を使用します.
まずテキストボックスを追加し, そして「==>」と入力します.
すると綺麗で目立つ矢印が表示されます.
そして適当に矢印の色とサイズを変更します.

次に適当な方向に矢印を回転させます.
そして矢印の軌跡効果アニメーションから直線を選択します.
アニメーションの軌跡を矢印の中心を通り, 矢印と平行になるように調整します.
またアニメーションをアニメーションのプロパティの「繰り返し」を「スライドの最後まで」に設定します.
アニメーションの速度などは, アニメーションの継続時間から調整してください.

これで完成です.

f:id:ibenza:20120624230126g:plain